シンガラジャの天日塩 1kg
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/1

シンガラジャの天日塩 1kg

¥1,508 税込

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
レビュー2件

送料無料でお届けします

その他送料についてはこちら

内容量 1,000g 塩田による天日塩作りを応援 素材の味を引き立てる、万能塩 インドネシア・バリ島北部シンガラジャ地域のペジャラカン村で、海水を天日と風の自然の力で乾燥させて作った天日塩です。 天日乾燥で結晶化した塩を、使いやすい大きさに粉砕しています。 粗塩タイプでお料理によくなじみ、まろやかな旨味が特徴です。 和食、洋食、中華、フレンチ、イタリアンなど、料理や調理法を選ばずに素材の味を引き立てる万能塩です。 ●製法にこだわり 日本で作られる天日塩は海水を天日濃縮した後、平釜で「釜焚濃縮」し、塩を結晶させます。 一方、バリ島では乾燥した暑い気候を利用し、「天日濃縮」だけで塩を結晶させています。 塩の結晶を使いやすいサイズに砕いています。 ●シンガラジャの天日塩の生産者 バリ島 北部を、シンガラジャ(地方)と呼び、ペジャラカン村もシンガラジャ(地方)の一部です。 古くから塩づくりに秀でていたムスリムの人々によって、塩づくりの技術が今も受け継がれています。 3月の終わりから11月または12月(雨が降らない場合)までの乾季に、塩を作ります。 乾季に一生懸命働き、仕事のない雨季は節約して生活します。 塩の良い買い手や取引先が見つからないと、雨季に生活するためのお金が稼げず、困ることがあります。 そんな時は銀行からお金を借りたり、別の仕事を探したり、より良い仕事を見つけ塩農家として戻ってこない人もいます。 観光産業の盛んな一方、非常に暑く農産業に適さない土地も多いインドネシア・バリ島で、塩作りは大事な産業の1つです。 バリ島北部シンガラジャ地域、ペジャラカン村の天日塩を扱うことで、生産者の生活を応援し、衰退しつつある伝統的な塩田による天日塩作りを応援します。